交通事故にあったら|群馬県板倉町/館林市 ひかり接骨院

交通事故にあったら

交通事故にあったら・・・

1.まずは警察へ連絡をして、指示を仰ぎましょう
警察へ交通事故の届け出をします。
自賠責保険・任意保険どちらにも必要な事故証明を受け取れます。加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。
特にケガを負った場合は「人身扱い」の届け出が重要です。
2.自分の入っている保険に連絡をし、指示を仰ぎましょう
保険会社へ交通事故の連絡をし、状況を報告して指示を仰ぎます。
3.相手(加害者)の情報を収集しましょう
相手方の氏名、住所、連絡先、任意保険の有無、保険会社名、車種・色・ナンバー・・・などをメモしましょう。
4.自動車屋さんと連絡を取りましょう
普段から車の面倒を見てもらっている自動車屋さんに連絡を入れておきましょう。
5.病院で医師の診断を受けましょう
交通事故の治療には医師の診断が必要です。たとえ些細なケガであっても診察を受けることをおすすめします。
6.保険会社へ接骨院での治療を希望する旨を伝える
保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。

交通事故の症状について

むち打ち症について

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や「頚部捻挫」などといいます。
車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と呼ばれています。

首がムチのようにしなる際、首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首や背中の痛みなどが現れます。

むち打ち症の症状と分類

頸椎捻挫型
首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。
神経根症状型
頸椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。
バレリュー症候群型
後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、目の徒労等々が起こる症状です。

むち打ち症は首の痛みをはじめ、その痛みからめまいや頭痛、自律神経の乱れなど様々な二次的症状をもたらす怖い症状です。
一日でも早く適切な処置を受けることをオススメします。

治療の必要性

事故当日は歩いて帰れるほどなんともなかったのに、時間がたってからだんだんだるくなってきた、という話をよく聞きます。
交通事故・むち打ちの症状はじわりじわりと出てくる場合があります。
事故の衝撃は、レントゲンに異常がなくても、体にはかなりの負担がかかっているのです。
目に見えない筋肉や靭帯の損傷を早く回復させるには、初期の段階で早くむち打ちの治療を開始することです。これが交通事故治療の最大のポイントになります。
すぐに治療を始めないと、交通事故で壊れてダメージを受けている組織は治りにくくなります。
後々まで痛みや違和感を引きずることがあります。

ひかり接骨院

Information

ひかり接骨院
〒374-0134
群馬県邑楽郡板倉町籾谷80-1

群馬県板倉町/館林市 ひかり接骨院では交通事故治療にも対応しています。

TEL 0276-82-5557

【施術時間】
午前9:00~12:00/午後14:00~20:00
【定休日】
日曜・祝日、土曜午後

PAGE TOP